北広島町のmanboの自己中な日記です。


by manboblog

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

manboの情報コーナー

manboのウェブサイトその他もろもろ。

e0115516_20531953.jpg

e0115516_20521367.png

e0115516_20541312.jpg


e0115516_2054513.jpg

e0115516_20523162.jpg

e0115516_211742.jpg

メール・ご注文はこちらからです↑

【ブログショップ】
ブログ限定お買いものコーナー
メールでご注文ください。
(送料¥360/¥5000以上で送料無料)
石けんはどれでも1つ¥400 約60g。

画像一覧

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

検索

カテゴリ

全体
日々のお知らせ
日々のおしごと・・
日々のせっけん
日々の千代田町
日々のあそび
日々のレシピ
日々のアイテム
日々のおすすめ
日々のつぶやき
日々のバドミントン
日々の家
日々のせっけん教室
日々のかご
日々のつながり
日々の達観

カテゴリ:日々のおすすめ( 244 )

ピーベリーってほんとは超すごいんです!試しに飲みに来てね。

e0115516_19285469.jpg
某著名店Tでのドリップパック販促ポップ。@¥180。

明日の13時からはうちの近所の空き地で断捨離祭りです。
そして明後日は向原のアート祭りです。

今回もおなじみのmanboカレー、&うちのコーヒー、キング・ジャンタン。

次男M氏にお手伝いしてもらおうと思っていたのですが、
ご都合が悪いそうで、月末に上京する長子M氏が手伝ってくれるそうで。

ありがたやありがたや〜。。

しょっちゅう移動でいなくなるM氏ですが、
しばらくは東京暮らしになりそうです。
見納めに、ぜひどうぞ〜。
e0115516_19285516.jpg

もっと知りたい!キング・ジャンタンのこと。


ピーベリーとは?


ピーベリーとは、希少価値のある丸いコーヒー豆のこと。

通常、コーヒー豆は1つの果実の中に2つの豆が平らな面を向かい合わせにして入っているため、

楕円で平らな形をしているが、ピーベリーは1つの果実の中に1粒のみ入っているので、

コーヒー豆同士でぶつかりあうことなく成長するので、丸い形をしている。

e0115516_19520724.jpg
これがジャンタンの果実(コーヒーチェリー)甘い、ナツメのような味。

そのためよく転がって満遍なく焙煎でき、火が平等に通りやすく、

本来ならば2つあるべき種子が1つしかないので、

栄養分がその1つに集中して凝縮され、味が変化すると言われている。

e0115516_20001168.jpg
こうやって剥いてみるとわかる。この黒い豆は、ナチュラルと言われる手法で、果実をつけたまま乾燥させている。

焙煎の過程で火が通りやすいことと、栄養分が凝縮されていることで、

ピーベリーで作られたコーヒーはより柔らかく深い味わいとなる。


しかしピーベリーが含まれる割合は、なんと収穫量の35%程度。


そのため日本ではほとんど見ることができない、最高級のコーヒー豆と言われている。

e0115516_20001295.jpg
見た目では全く区別がつかないが、この中の3%くらいにはピーベリー(丸い豆)が混ざっているのだ。

このキング・ジャンタンは、ジャンタンという品種のコーヒー豆の中に

ごく稀にできるピーベリーだけで作られている。

e0115516_19555497.jpg
板を斜めにして、加工したコーヒー豆を選別しているところ。
転がって下まで落ちるものがピーベリーのキング・ジャンタン。

e0115516_20165967.jpg
こんな風に一つの実に一つの豆が入ってるものが、ピーベリー。


シングルオリジンコーヒーとは?


シングルオリジンコーヒーとは、

生産を単一農家で請け負っているこだわりと個性の強い上質なコーヒー豆のこと。

生産者はその土地に合った品種を、その土地にあった生産方法で作り、

その個性や品質が守られる。

e0115516_20140725.jpg
キング・ジャンタンのコーヒー農場まではメダンからビンジャイまで列車で1時間くらい、そこから車で3時間。。

キング・ジャンタンは、最高の状態を保つために、

加工まで同一の農家が一貫して行なっている。

e0115516_20001124.jpg
右端がコーヒー屋三代目のAWIさん、この農場のオーナー。
その隣がこの農場の農夫さん、栽培に対してすんごいこだわりの人。
その隣はmanboで左端はAWIさんの幼馴染でスーパーマーケットの経営者。
e0115516_20000933.jpg


e0115516_235542.png



e0115516_2359181.jpg
e0115516_002696.jpg
広島ブログ

[PR]
by manboblog | 2018-04-20 20:19 | 日々のおすすめ

東芝のドラム式洗濯機のポンプが壊れたのですが。

e0115516_14404130.jpg
春の白菜もおすすめです。真ん中の黄色いとこでサラダ。おいしい!

去年は、ドアが閉まっているのにドアが開いている、と、言い張って、
エラー音ばかり出して動かなくなったうちの洗濯機。
修理代はたぶん、¥18,000くらいだったと思います。

いつの間にやらお風呂に残り湯を吸い込まなくなっていました。
吸い込んでる瀑音はしていたので、当分気がつきませんでした。

ただ、お風呂を掃除するときに、全然減っていないので、
どうも変だな、と。
で、吸い込んでいる音がしているときにホースの先を触ってみたら、
全く吸水していなくて、何が悪いかわかならなったのですが、
とりあえずメルカリで新品の付属ホース(送料こみ¥1,500)を
買って挿してみたら治りました。
お風呂の残り湯なんて、使う人あんまりいませんよね。

どうやら、パッと見わからないくらいの小さな穴が開いてたようです。
ホース自体はアナログなものなのですが、
この洗濯機の吸引力が微力なため、
吸い込むことができなくなっていたんでしょう。

とりあえず、同じような症状の方がおられましたら
修理に出す前にやって見てください〜。




e0115516_235542.png
e0115516_2359181.jpg
e0115516_002696.jpg
広島ブログ
[PR]
by manboblog | 2018-04-18 14:50 | 日々のおすすめ

成田空港で長時間待つなら、ここ!!

e0115516_22100636.jpg
おなじみのLCC、スプリングエア。最近欠航が増えてるらしいっす。欠航してもなんの保証もないっす。

この間、17時の便に間に合わせるために、原宿から大急ぎで成田へ向かい、
毎度のことながら遅刻でスプリングエアのお姉さんに
「普通なら乗れてませんよ」と小言を言われつつ、
ゲートまで一切並ばず特別コースで行かせてもらいました。
e0115516_22483246.jpg
何をしに原宿へ行ったかというと、プリクラとクレープ。爆

だいたい、いつもひとり旅なので、
遅刻してもまあ仕方ない、としか思わないのですが、
今回はN氏(10)と同伴だったので大変申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

しかしどうも飛行機が大幅に遅れているとのことで、
精神的安らぎを得ておりました。
遅刻癖のある人間は他者の遅刻で安堵するのです…。

それにしても遅い。

すっかり夜になり、絶対おかしいだろ、と思いつつも
大量に買い込んだ本を読んだりしておりましたら、
無事、ゲートから飛行機まで移動するバスに案内されました。
e0115516_22100636.jpg
見えてるのに、乗れない、、「準備をしておりますのでもう少々お待ち下さい」と延々同じアナウンス。

すでに21時を回っておりましたが、いつものようにバスに乗り、
あー帰ったら0時だわ。。。明日から新学期なのになあ。
などと、心はすでに広島でしたが、なんだか初めて見るコース。
e0115516_22100784.jpg
これはANA。

第3ターミナルを出て、一体どこまで行ってるの?

あまりに長いので他の乗客も「いやに遠いな」とざわざわ。

そしてやっと止まって、やれやれ、ついたついたと思ったら、
「本日、飛行機は飛びません」と、謎のアナウンス。

え、ここで言うかい。
これって。企業的シビリアンコントロール?

バスの中は一瞬、戦後の闇市みたいに罵声が飛びましたが、
アナウンスしてる女性も仕事ですからソンな役回りです。

とりあえず5%くらいしか残ってなかった電話で家に電話をし、
留守番をしていたM氏(16)に「明日の夜帰るから学校に電話お願いします」
と伝え、明日カフェは休みです、と、スタッフと来店予定の方々へ連絡、
そして携帯の充電もなくなり。充電器も持ってなくて。
e0115516_22101109.jpg
とにかく始終楽しそうなN氏。

ほとんどの人が翌朝の新幹線で広島へ行くと言っていましたが、
空港に車がある私は、成田から東京駅、からの、広島、からの広島空港、
と考えると、もうゲンナリでして、
翌日の夕方まで待つことにしました。
e0115516_22100924.jpg
幸い、時間さえあればすることはいくらでもあるのだよ

てか、色々解放されたのがもう22時すぎてて、空港内のカウンターで
キャンセルか乗り換えかの手続きが私の番になった時は、、、えーっと、
何時だったか忘れましたが、移動しても、
もう終電になっちゃうよねって時間でした。
しかも土砂降りだし、、。

でっかいスーツケースを持って雨の中の移動は、勘弁だわ〜。
e0115516_22423833.jpg
ウエイティングエリアにてさっさとパジャマに着替え、おぼっちゃま君を楽しむN氏。

成田の第1ターミナルで長時間待つことは時々ありましたが、
今回ほど長いのは初めて。
どこで待つのがいいのかなーと

そしたら、一緒の便に乗る予定だった方が
「なら一緒に行きましょう」と、案内してくださったのが、
第二ターミナルの北ウエイティングエリア。
https://www.airtrip.jp/travel-column/7938
e0115516_22100722.jpg
やはり旅には、柔らかいバッグ(枕)と、大きめのストール(布団)は必須ですな!

この方がとても面白い方でして、2時くらいまでおしゃべりしてて、
さらに翌日も、ここがめっちゃ快適すぎて、
翌日の夕方なんてあっという間でした。
e0115516_22101073.jpg
朝になっても起きない私たちを心配して、イラン人の方がアイス買って持ってきてくれました…ありがとう…

字の練習したり、買い込んだ本読んだり、
デッドラインだったチラシのデザイン仕上げて納品したり。

アナウンスもないし、トイレも自販機もコンセントもwifiもあるし、
大きなソファーもあるし畳のコーナーもあるし。
ちょくちょくお巡りさんが見回りしてるし。
e0115516_22100834.jpg
ふざけた小説ばかり。旅に出たときくらいしかこんなの読めませんからね〜。ほとんどN氏のものですが。

仕事のできるデスクコーナーもあって、
ビジネスパーソンが黙々と仕事してました。

e0115516_22101276.jpg
懐かしの広島空港〜!

もし、成田の待ち時間が長くて、ラウンジ使えないときは、
ぜひお試しくださいませ〜!
e0115516_22585171.jpg
広島に着いた時にはさすがに眠そうでした、、お疲れ様でした。。

ちなみに、この話にはまだ続きがあり、
この日も飛行機は2時間以上遅れたのですが、
広島に着いたのが9時過ぎ。

そうすると、北広島町まで1時間半、下道で帰ると、
ギャグのような話ですがガソリンスタンドは一件も開いてません。
よいこの皆さんは空港へ行く際には、ガソリンはちゃんと入れて行きましょう。

私は空港の駐車場からずっと空っぽランプが着いたまま
ドキドキで帰りました。

この旅の締めにピッタリのエンディング…。


その昔「春も夏も秋も冬も、同じ場所で過ごしていた、世界中を旅するよりも幸せだった」
ってリリックが良すぎ。って言ったら、母(享年64)は「旅した人だから言えるのよ」って怒っていた…。



[PR]
by manboblog | 2018-04-14 23:11 | 日々のおすすめ

牡蠣を食べるなら、広島レモンのハーブソルトをお忘れなく!

e0115516_23371933.jpg
旅から帰ると、manbo邸の桜は、あっさり散っておりました。

桜に雪が積もる、すんごい寒い週末でしたね。
東京でも木曜から急に寒くなってましたが、
広島の寒さはやばいです。
昨夜はチラチラ雪で、路上の温度計も1度でした。

そんな中、今夜は、ちょっとした集まりにお呼ばれし、
それがまさかとは思ったものの、会場は屋外でした。
e0115516_23541610.jpg
広島の牡蠣には広島の有機レモンのハーブソルトが最高に合うね!と、みなさんと感動。
しかし、寒すぎて手の震えが止まりません。

今日は頑張ったのですが仕事が片付かず、参加が遅くなってしまったので、
ほんの1時間程度、みなさんと外におりました、が、
帰宅してみると、両手の薬指と小指の先が、しもやけになってました。
e0115516_23541657.jpg
極寒の中で聴いた「someone like you」は、体感温度をグッと下げました。

同伴した高校生の息子も、両足の指先がしもやけになってる…
あそこにずっといた人たちは大丈夫だったんだろうか…と
言っていましたが、18時半よりスタートしていたわけですから、
本当に、皆様の安否が案じられます。

しかし、私ごとではありますが、貴重な経験を思い出しました。
あ、このブログは全般私ごとです。
北広島町よりも寒いボルドーの屋外広場で、
女性はミニスカートにタイツにウールのコート、
男性はスーツにコートという出で立ちで、冷えひえのビールを
ジョッキで飲んでいた、非常に楽しそうなみなさん。

観光資源を絶やさないために、税金を使って盛り上げていると、
現地の方に聞きました。

フランスは、国力とよべるマンパワーがある。
しかしボルドーはさらにある。
そう感じたものでした。

あの寒い中、寒さも感じさせない今日のみなさんは、
激しくマンパワーのある方々でした。

長い春休みのシメにふさわしい極寒パーティ。
明日からまたがんばろー!
e0115516_23541776.jpg
寒い中、設営から片付けまで、本当にありがとうございました!

[PR]
by manboblog | 2018-04-08 23:30 | 日々のおすすめ

コーヒーのお話の続き。

e0115516_21080014.jpg
キングジャンタンを生産している農場では、
世界一高額なコーヒー豆、ルアックコーヒーも生産しています。

この黒い子熊みたいなのがルアックちゃんです。
(ジャコウネコ)
初対面の私が触っても怒りません。
うちのケンシロウ(柴犬)よりも温厚で、賢く、そして顔が可愛い。
e0115516_23100324.jpg
ルアックについてはこちらを参照ください。

この農場の大将はものすごく熱心な人です。
ルアックに食べさせる豆は、その都度、オーナーに意見しているそうです。
e0115516_21075847.jpg
オーナーのAWIさん。つい先日息子さんが生まれ、名前を「改善:KAIZEN」と名づけました、勝手に感動しました。
このオーナーは華人ですが、おじいちゃんの代から今の事業を営んでいるので、
(コーヒーオンリーにしたのはお父さんの代だそうですが)
農場とも3代にわたる付き合い。

東アジアでは、日本では理解できない主従関係が繰り広げられていまして、
それは、家族以上の絆のようにも見えます。

で、ルアックのこともコーヒーチェリーのことも知り尽くしているこの大将、
ルアックたちにはそのままでも美味しい豆ではなく、
多少風味の落ちるコーヒーチェリーを与え、
最大の利益と、新しいアロマを生み出すことに挑戦を重ねています。

色々と挑戦中のお話を伺っていると、どの国でも熱心な人はすごいなーと、
脱帽の連続でした。
e0115516_21075954.jpg
最新のマシンを使って、コーヒーの種類ごとに分別してるところ。

あー、またみんなに会いたいなあ。。
e0115516_23292599.jpg
ともかく、飲んでみたいー!という方は、
深川珈琲のサイトからゲットしてみてください。
e0115516_23292866.jpg
e0115516_23292407.jpg
e0115516_23292701.jpg
予想以上の美味しさの深煎り、
想定外のフルーティさの浅煎り、
どちらもおすすめです!


http://www.fukagawacoffee.com/?pid=117513937



e0115516_235542.png
e0115516_2359181.jpg
e0115516_002696.jpg
広島ブログ
[PR]
by manboblog | 2018-03-18 23:39 | 日々のおすすめ

もらって嬉しい手土産だよね。

e0115516_09323017.jpg
最近マイブームの、ずらしリボン。

今日は早朝から、ご注文の詰め合わせギフト10個を仕上げてもらい
「これはもらったらテンション上がるね〜」とスタッフK氏とホクホク。

先方へできました連絡を入れ、なんともきちんと感のある朝…

納期を前倒しで守るって、いいね!

もともと市内のお客様のご利用がほとんどだったmanboラインナップですが
サボナーズカフェがスタートしてからというもの、
周辺の片や、地域の皆様にもご利用いただけるようになったことが
何より励みになっております。

ありがたやー、ありがたやー。。
e0115516_09322954.jpg
贈り物には、ご当地食品系が不動の人気です。

ギフトのご注文には多少おまけさせていただいております。
最近送料がグッと上がってしまったので、

ずっとやってきた送料込み¥5,000セットは、
発送地域によってはあまりおまけできないこともありますが、
でもま、気持ちは乗せさせていただいております!

今日は完全に背水の陣で、確定申告です!!
頑張ります!!!
…と言いつつブログを書いている。中学生か!





e0115516_235542.png
e0115516_2359181.jpg
e0115516_002696.jpg
広島ブログ
[PR]
by manboblog | 2018-03-13 09:45 | 日々のおすすめ

勝手にできてくれる素敵な食材。

e0115516_21521943.jpg
今日は朝からいろいろと詰め込んでしまいました。反省。

んで、午後からはせっせとデータを起こしておりましたが、間に合わず。
だって週末は締め切り時間が早いんですもん。仕方ないよね…。涙

まあ、もう間に合わなかったので、内職さんとこをまわって、帰宅し、
続きの文章だけ作って、ビールで乾杯。
からの、ホホバクリーム作りでアロマタイム。

春だからね〜、ゼラニウムとイランイランで、フローラルに。
e0115516_22100413.jpg
からの、オーガニック業界のレジェンド、ファームBのN氏からゲットした
鶏ガラで、チキンブイヨン作り。

これがやりたかったんだよね〜。

manbo流チキンブイヨンは、素材に物を言わせているので、そうとうザツ。
ポイントは、そうとうザツでも美味しくなるようなものを使うこと。

鶏ガラはオーガニックファームのもの。
塩はバリ島の100%ナチュラルな天日塩。
ニンニク、生姜、ローリエは広島産。
あとはグラスビール。(作りながら飲む用)

ガラを水で洗って、お湯と材料を入れて、
一度沸かしてアクを取ったらひたすらとろ火でグツグツ。

こんな風にビール片手にブログを書いている間も、
チキンブイヨンたちは完成へと向かっているのです。
なんという充実感…至福。

ブイヨンは冷めたらパウチして冷凍してます。
そしたらいつでも使えるからね!

スープにせよカレーにせよ、コクを出すには必須アイテム。
ちなみにmanbo家では、飴色玉葱ペーストも作って冷凍してます。
一次産業が身近にたくさんある田舎暮らしは、まじで最高だと思います。

終の住処は道の駅と、図書館と、海岸まで、
歩いて5分くらいのところがいいなあ、と、
40過ぎたら猛烈に思うようになりました…

あ!
充実といえば、甘酒もそんな感じです。

manbo家では週末、一週間の残ったご飯を生の米麹と合わせて、
飲む点滴!必須アミノ酸が揃ってる!
と、ちやほやされているスーパードリンク「甘酒」を大量に作ってます。

毎朝お弁当作るから、ご飯炊かなくちゃいけないけど、
ご飯があるからといってメニューが狭められるのは嫌だしねえ、、
パスタとか、麺類も作りたいよねえ。
と、残ったご飯はひたすらチルドに貯めてるんです。

これは、炊飯器があれば、ブイヨンよりもさらに簡単で、
米:米麹:水道水=1:1:4
くらいの分量で炊飯器に入れ、蓋をせずに軽く布巾などを被せて保温するだけです。
美味しいお塩を少量足して飲むと、まじで美味しいです。
できたらこんな感じ。
経験上、保温は15時間程度が美味しい時間みたい。
それ以上だと菌の働きが活発になって酸味が出てきちゃう。
まあ、ビタミンは増えてるんだろうけどね。
e0115516_22201221.jpg
これも、私が寝ている間に、炊飯器と米麹たちが頑張ってくれるから、
翌朝がそうとう至福です。お試しくださいませ。
e0115516_22201393.jpg
私は小分けにパウチで真空にして冷凍してます。
6ヶ月程度は麹菌は生きてるんだって。
まあ、すぐに飲んじゃうんだけども。

冷蔵だと、酸味が出るので冷凍してます。
ちなみにサボナーズカフェでも作って販売してます。興味のある方は聞いてみてね。

バタバタしてくると、早朝からあちこち行かなくちゃならなくて、
かといって、手軽にコンビニのご飯を常用して病院に行くような時間もないので
パウチの甘酒を解凍してガブガブ飲んで、なんとか頑張ってます。

体にいい上に、美味しいからありがたい。。
食欲のない朝でも、五臓六歩に染み渡る美味しさ。

冷えたままでもめちゃくちゃ美味しいんです。
酒粕で作る甘酒とは全く違い、お米味のサラサラしたジュース、という感じです。

効果効能は検索したら猛烈に出てくるんだけど、
とりあえず貼ってみる。

https://www.olive-hitomawashi.com/column/2017/06/post-145.html

あー、今日もこんな時間!

明日から月曜日、みなさん、頑張りましょうねー!

アディオス・アミーゴ!




[PR]
by manboblog | 2018-03-11 22:41 | 日々のおすすめ

美味すぎるサバの佃煮風煮付け。レシピ付き。

e0115516_20151729.jpg
昨日に引き続き。
サバを圧力鍋で佃煮風にしたものが、猛烈に美味。
1匹¥150のサバとは思えないほどいいサバでしたからね。
さすが、マイロードの魚屋さん。

今日も、雷どころではなく早朝からバタバタしていて、
仕事が終わったわけではないが先ほど帰宅し、ウキウキ晩酌をしてるわけですが、
圧力鍋の中の放置されていたサバに、砂糖と塩を少し足して、ちょいと煮詰めて。
それだけで骨まで食べられる、カルシウムたっぷりの美味しい一皿。
普段イライラしてるからね、ちゃんとカルシウムとっとかないとね!

まーーーーーー…、癒されますな。

圧力鍋は、なんども言いますが「平和鍋」が死ぬほどおすすめです。

作り方紹介しときます。

サバの内臓と頭と尻尾を取ってザクザク好きなサイズにカットしたら、
海水程度の塩水につける。
水を切って、熱した圧力鍋で軽く表面を焼く。
ひたひたになるように水と塩、生姜、醤油、みりん(全部適当)を入れて加熱し
シュンシュン言い出したらとろ火で30分。
圧力が抜けるまで放置。
水分を半分捨てて、砂糖と塩で味を整える。

manbo家では、口うるさい子供らも喜ぶメニューです。
簡単なのでやってみてね〜。



e0115516_235542.png
e0115516_2359181.jpg
e0115516_002696.jpg
広島ブログ
[PR]
by manboblog | 2018-03-05 20:30 | 日々のおすすめ

千代田の道の駅で売ってる魚がうますぎる。

e0115516_20432937.jpg
金曜日の早朝…週末の準備で、あちこちバタバタしておりまして、
8時半には千代田に戻り、マイロード千代田(千代田の道の駅)に寄ったら、
いつものように浜田(島根県)の魚屋さんが、磯の香りを振りまきつつ販売してました。
私、魚屋の孫なので磯の香り、大好きなんです…

たくさんの人が真剣な眼差しでお買い物をしてましたが、
まあ、時間もなかったので、サバ4ひき、イカ2杯、生わかめ大量に購入し、
印刷屋さん入り。魚たちはY印刷さんのご好意により涼しいところで待機させていただきました。

生わかめはさっとゆでてサラダかな。
サバは1匹は三枚おろしで焼いて、あとは日持ちする佃煮か、オイル漬けだな。
イカはお刺身か、ボイルしてつまみだな。

などと、仕事しつつウキウキしていたのですが、
終わるころにはすっかり忘れて帰りそうになりました。

一旦帰宅し、冷蔵庫に入れて、それからまた夜まで帰れずにバタバタ。。
…と、していたら、魚のことなど今日まですっかり忘れていました。

で、どのタイミングで思い出したのかというと。
今日は北広島町に春が来たのか、というほど暖かい日でした。

早朝に娘をバレーの試合会場に送った時はまだ何も感じなかったのですが。
10時ごろに仕事で外に出ようとしたときです。
異臭に気が付いたのは。

何この匂い!!…思い出したのは、
金曜に買った魚たちのことでした。

魚は、冷蔵庫の野菜ケースの中です。
無事です。
しかし、車の中に置いた時に、どうやらマットに染み込んだんでしょうね、何かが。

帰宅してせっせとさばいて、美味しくいただきましたが、
これがまた、忘れてたことを心底悔いるほど、本当に美味しいのです。(三日経ってても)

わかめはさっと茹でただけ。
サバ、ハーブソルトで焼いて、両方とも軽く和風ゴマドレかけただけ。
青魚の苦手な私でもふわふわほこほこのサバにはメロメロです。
ちなみに写真は食べかけ。すんません。

さて、瀬戸内わかめから開眼し、いろんなわかめを食べてますが、
今の季節はわかめが旬。

売ってるの見つけたら即買いですよ〜!


e0115516_235542.png
e0115516_2359181.jpg
e0115516_002696.jpg
広島ブログ
[PR]
by manboblog | 2018-03-04 21:12 | 日々のおすすめ

瀬戸内でとれる下津井のわかめは本当にうまい!!

e0115516_01371574.jpg
おい
美味しいわかめを食べたことのない人にオススメの、めっちゃうまいわかめ。

なんでmanboさんがわかめを。。と思われる方は、
下のリンクからぜひじっくり読んでやってください。
http://foodp.cart.fc2.com/ca3/65/p-r3-s/

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'; color: #454545}p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; color: #454545; min-height: 14.0px}

なんだかよくわからないのだが。


色々な気づきがありましたので、書いてみます。


母が死んでしまって、喪失感が払拭できず泣いてばかりいて、

「誰でも3ヶ月は寂しいものよ」とたくさんの先輩方に慰められ。


あ、3ヶ月、たった、、と、気がついたとき、目の前に鮮やかな夕焼けが広がっていて、

「ちゃんと向き合って、いろいろ仕切り直して来てよかった」

と、今まで、思ってもなかったことを思った。


いや、寂しい気持ちは思った以上にねっとりとこびりついて、

予想以上に時間を費やしているんですが、

あるとき、私のこの状況は神様から見たら呆れてものも言えないよ、

早く自分のやることを全力でやりなはれって声が心に響いて、

はてと、我に返り、感謝の気持ちも湧いてきたりして、

それでもまあ、物理的にさみしいので、

この感情は、自分の人生の宝だなあと、相変わらず思ってて、今ここ。


人には、悲しみを知り得られる深みが必要なのだ。


と、ここら辺から、目からウロコと言うか、

屈折していたいろんなことが、すっきりと見えて来て、


それは意味がない、そこが問題じゃない、と言われ続けたことが、自分にとって意味があったと気がついて、とてもラクになった。


そうか、実は、そこに意味があったんだ。


と。


でも、それは誰にでも当てはまるものではなく、

「必要」も「不要」も、自分で決めること。


そこのジャッジを間違えると、どんなに頑張っても、成功しても、

ずっと虚しさがつきまとう。


私にとって必要なものは、隣の人にとっては不要なものなんだろう。

それは、みんな、役割に応じて違うんだと思う。


他にも、はっきりわかったことがあって、

それは、時間。


時は金なり。

時間はかけがえのないもの。


ずっとそう思ってきたけど、それは違った。


問題は、時間じゃないんだって気がついた。


時間を問題にするのは、最悪だって。


時間は、一見平等に見えるけど、それは違う。


一人の人が生きられる時間は限られていて、

どんなに大事なものを大切にしても、

持ち主がいなくなれば、すべてゴミ。


大事にしていたお財布や、書類や、パスポートや、ハンコや、

いろんなものが、主人がこの世からいなくなると、ゴミになる。


だからこそ時間はかけがえのないもの。


そう思っていたし、母が死んでしまうとわかってから、

より一層、そう思ってきた。


けど、違った。


大事なのは、時間じゃない。


生きている間に、何を感じるのか。

どれだけ、喜ぶのか。


母は、モルヒネでぼんやりしだしてからも、

「今日はずっとお料理してるのよ、マサオにいろいろ食べさせたくて」

と、ひとりで笑って話していた。


それは、意味のないことなんだろうか。


それだって、母は、確かに喜んでいた。


現実とか、真実とか、幻覚とか、夢とか。


それはある意味ものすごく重要だけど、

生きている人は喜ぶべきじゃないのかな。


最後の時になって、自分が何もできなくなっても、

喜んだ記憶は、自分の中から湧き上がってくる。


生きているからこそ味わえる、喜びが、

確かにそこにあって、人は、一人で生まれてきて、一人で旅立つんだなあって、教えてくれる。


夢の中で喜んだって、その人にとって「嬉しい」と言う事実が確かにそこにある。


大事なのは時間じゃなくて「ひとり」で何をどう感じるのか、ってことなんじゃないか。


私たちは生まれた時から、いつか死ぬって、

リミッターをかけられてたから、

どうしても時間が一番大事だと思ってしまう。


でも、時間はお金と同じ。


生きていく上で必須だし、

あることにはとても感謝しなくちゃいけないけど、

平等なようで、平等ではないし、

概念の変動は激しく、常に流動的で、

あると思っていたらなくて、

ないと思っていたらある、そんなもの。


人が喜ぶこと、何を感じて何を思うかは、それよりもずっと崇高なんだ。


さて、みんな。

長くなってけどさ、わかめのことも忘れんとってね。。

http://foodp.cart.fc2.com/ca3/65/p-r3-s/


e0115516_01455951.jpg

e0115516_235542.png

[PR]
by manboblog | 2018-03-01 01:51 | 日々のおすすめ