北広島町在住のクリエイターmanboがビール片手にだらだら書く自己中な日記です。


by manboblog

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

manboの情報コーナー

manboのウェブサイトその他もろもろ。

e0115516_20531953.jpg

e0115516_20521367.png

e0115516_20541312.jpg


e0115516_2054513.jpg

e0115516_20523162.jpg

e0115516_211742.jpg

メール・ご注文はこちらからです↑

【ブログショップ】
ブログ限定お買いものコーナー
メールでご注文ください。
(送料¥360/¥5000以上で送料無料)
石けんはどれでも1つ¥400 約60g。

画像一覧

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

検索

カテゴリ

全体
日々のお知らせ
日々のおしごと・・
日々のせっけん
日々の千代田町
日々のあそび
日々のレシピ
日々のアイテム
日々のおすすめ
日々のつぶやき
日々のバドミントン
日々の家
日々のせっけん教室
日々のかご
日々のつながり
日々の達観

よくわかんない、くらいがちょうどいいような気がします。

e0115516_22001809.jpg
最近の楽しみは、水耕栽培。1週間してやっと発芽。

「私も同じように辛かったからよくわかるんです」
などというセリフをときどき聞く。

どうも私には吐き出しやすいようで
「この話したの実は初めてなんです!」とか、
「こんなこと人に言ったこと無いのですが実は。。。」とか、
言われることが、ままあります。
そんなよもやま話の際によく出て来る、
「私にはわかるんです」と言うセリフ…。

経験値があり、痛みを知っている人って優しい。

また「人の立場に立ってものを考える」というのは、
それ以上にないほど、重要なスキルだと思う。

しかし。
そのせいで、膨大な重荷を背負ってしまってる人もたくさんいる。
いい人ほど早く死ぬ、ってのは、
そこらへんにも原因があるのではないか。

とにかく「その気持ち、よくわかるから、寄り添ってあげなくちゃ」
と、どんなに思ったところで、人というのはそれぞれに違うわけでして。

それが喜びであれ痛みであれ、原因も結果も、
びっくりするほど、全部が違うわけです。

実は、身近なところだと、ヤンキーやニートと話すと
とても勉強になります。
同じ経験でも感じ方がすんごい違うんです、
機会があればぜひ一緒に飲んでみてください。

インドまでいかなくとも、
様々な価値観が崩壊することでしょう。

とにかく「自分と他人の感じてることが同じ」だと
思ってしまうとしたらそれは優しさではなく、
もはや傲慢で、基本的な基準はあるにせよ
本当は人はみんな違うのです。

例えば、肉体的な痛みなら同じだと思うかもしれませんが、
どんな痛みであれ似てはいても、
何をどう感じているかは個々に全く違うのです。

とか言ってますけど、私もかつては同じだと思っていた派です、
そんな風に思って人間関係を作っていた頃は、
結局お互いが疲弊し、最悪の結末ばかり。

人の痛みがわかると思っていたのは私の傲慢でした。

人は似て否なるもの、みんな違うのです。

だから。

たとえ親子であっても、
「同じような状況になったことがあるから、わかる」
などと思ってはいけないのではないかと。

その思いは「隙」になるのではないかと、思うのです。

その「隙」は、人間関係のバランスを崩壊させ、
双方にとってマイナスな結果となるのです。
e0115516_22001692.jpg
同じだと思うのは、ただの自分の世界観。

「よくわかんないけど、当時の私と今のあなたは
 似ている環境であるのかもしれません」
くらいの謙虚さが必要ではないかと。

バーチャルな個人の世界観を他者に押し付けることは、
優しさではないと思うのです。

新たに発生する事実との乖離に、お互いが苦しむだけ。
成長もしなければ発展もありません。

そのとき、他者は自身の世界観を保つための存在にすぎず、
それは多分、誰も得しないけど、依存でしょう。

人は、言葉では同じようなことを言うんですね。
でもそれは、ステレオタイプなどうでもいい言葉に過ぎなくて。
当人も何を言ってるかわかってないことが多い。

言葉にならない部分を見ると、違いに気がつくと思うんです。

違っててもいいんです、違って普通。
親子でも兄弟でも、価値観も主観も全然違うんだから。

まずは他者との境界線をはっきり知らねばなりません。

でもまあ、どうすればいいのか。
e0115516_22001746.jpg
100歩譲って自分が傲慢だということを認め、
他者との違いを喜んで受け入れることが、
一番近道だと思います。

自ずと自分の輪郭もはっきりしてくるので、
自分のバーチャルな世界から出て、
やっと自分以外の人間との共存が始まると思うのです。

多分、それが而立&自律というものでしょう。

もし、しんどそうな人が半径1m以内にいても、
「わかる」と思って、寄り添わないでほしい。
無駄に相手を甘やかし、自分を苦しめ、
成長のない関係を作らないでほしい。

変なことを言うようですが、私は誰に対しても、
そう願ってしまいます。
manbo家では「へんなことを言うようですが」が大流行中。

以前、村上龍が、仕事でもなんでも、
パートナーの必須条件として書いてましたが、
1、自立してること
2、間違った選択をしたら止めることができること
3、忘れた
がありました。

私はこの2に相当グッときまして。
さすが村上龍だなあ〜、と思ったものでした。

まあ、実際はどう感じようとも、
どう思おうとも、それこそ価値観の違い。
個人の自由ですけどもね〜。

e0115516_235542.png
e0115516_2359181.jpg
e0115516_002696.jpg
広島ブログ
[PR]
by manboblog | 2018-06-03 23:46 | 日々のつぶやき