北広島町在住のクリエイターmanboがビール片手にだらだら書く自己中な日記です。


by manboblog

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

manboの情報コーナー

manboのウェブサイトその他もろもろ。

e0115516_20531953.jpg

e0115516_20521367.png

e0115516_20541312.jpg


e0115516_2054513.jpg

e0115516_20523162.jpg

e0115516_211742.jpg

メール・ご注文はこちらからです↑

【ブログショップ】
ブログ限定お買いものコーナー
メールでご注文ください。
(送料¥360/¥5000以上で送料無料)
石けんはどれでも1つ¥400 約60g。

画像一覧

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

検索

カテゴリ

全体
日々のお知らせ
日々のおしごと・・
日々のせっけん
日々の千代田町
日々のあそび
日々のレシピ
日々のアイテム
日々のおすすめ
日々のつぶやき
日々のバドミントン
日々の家
日々のせっけん教室
日々のかご
日々のつながり
日々の達観

素読教室で学ぶこと全て、予想以上に役に立つんだって!

e0115516_1035354.jpg

manbo主催の素読教室。
超カリスマ講師をお招きしているため、言語について勉強したいと願う皆さんの
学びの場として活用していただきたい。
ということもあって、破格の参加費。
なので、満席になっても、運営側の負担は相当あります…

しかし!!!

毎回の講義も素晴らしく感動の連続なのですが、
「日本のルーツを知りたい!」「言語をもっと味わいたい!」
「言葉の力を育てたい!」と、コアな思いで集まってくださる大人の方が、
確実に増えていること、国語力アップに参加してくれている小さな子供たちも
喜んでくれることは、何より感動的。

遠方から来られる皆さんと偉人たちの言葉を共に学べること、
私にとって力になり、また次もやろう!とウキウキしてしまいます。

とはいえ、いつだって経済的には困窮しておりますので、
今回は何人来てくれるかなー、と、
開催前日までいろんな意味でドキドキです。

今回はリピーターの皆さんと北部農協さん、チラシを配布してくださる皆様のおかげ様で、
すでに何組かご予約をいただいており、すでに至福です。
本当にありがとうございます!!!!泣

さて。

「何がそんなにいいのか、全くわからない」
と、散々言われる興味の尽きないもののひとつでもある素読教室。

まあ、個体ごとにバックボーンが異なるため、
興味や感動のベクトルにはかなりの相違がありまして…

ざっくりですが。

私が思い出しては感動する例題の一つをご紹介します。
たくさんあるんで、ちょっとずつ紹介したいと思います。

10月の教室…それもとても素晴らしかったのですが、まずは論語の一節。

徳ある者は必ず言あり。
言ある者は必らずしも徳あらず。

仁者(じんしゃ)は必ず勇あり。
勇者は必らずしも仁あらず。

意味

徳のある者は必ず良いことを言うものだが、
良いことを言う者が必ずしも徳を備えているとは限らない。

思いやりのある者は必ず勇気があるものだが、
勇気ある者が必ずしも思いやりを備えているとは限らない。

一見、はにゃ?っとなってしまいますが、
折に触れて思い起こすと、猛烈にすごい事言ってるな、この人、あ、孔子さんなんですけど、
じわじわ心に響いてきます。

試しに、暇な時間ごとに考えてみて欲しいです。

確かなこと:再度疑うべきこと×繰り返し。となっているわけです。

これは仮定を建てる時にも非常に役立つし、
いろいろな事に置き換えると楽しいテンプレートなのです。

Aある者は必ずBあり。
Bある者は必らずしもAあらず。

Cは必ずDあり。
Dは必らずしもCあらず。

徳、とか、素晴らしい言葉、とか、
思いやり、とか、勇気とか。
概念に格差のある抽象的なものが比較対象になっているため
なんとなくわかりにくいのです。

例えば。

美人は者は必ず注目される。
注目される人は必らずしも美人であらず。

まあ、こんな感じです。

やばい。
たとえがしょぼすぎて、余計に、
だからなんだと言う声が聞こえてきそうなのですが…。汗

解釈にもよりますが、片方側から判断せずに、あっち側とこっち側からちゃんと見なはれ、
というような思考の転換だけでなく、啓発の意味にもなってくるわけです。

ライムスター的にいえば…
「こっちからみるとサイテーなヒト、でもあんなんでも誰かの大切なヒト」
小林大吾的にいえば…
「罪にしても傷にしても一つの物事をこちらから見るかそれともあちらから見るか、
あるのはその程度の違いです。」

別の解釈としては、こっちから行くとこうだけど、
あっちから来るとこうではない、という、行きはヨイヨイ帰りはコワイ的な、
社会アルアルにもなるわけです。

…また、普通に意味合いがそれてしまいましたが、
とどのつまり、素読で知り得るあんなことこんなことは、
凝り固まった頭のリセットに、ぜひおすすめなのです。

では、次回の素読教室もぜひお楽しみに!
e0115516_11221937.jpg



e0115516_235542.png


e0115516_2359181.jpg


e0115516_002696.jpg


広島ブログ
[PR]
by manboblog | 2016-10-31 09:52 | 日々のおすすめ