北広島町在住のクリエイターmanboがビール片手にだらだら書く自己中な日記です。


by manboblog

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

manboの情報コーナー

manboのウェブサイトその他もろもろ。

e0115516_20531953.jpg

e0115516_20521367.png

e0115516_20541312.jpg


e0115516_2054513.jpg

e0115516_20523162.jpg

e0115516_211742.jpg

メール・ご注文はこちらからです↑

【ブログショップ】
ブログ限定お買いものコーナー
メールでご注文ください。
(送料¥360/¥5000以上で送料無料)
石けんはどれでも1つ¥400 約60g。

画像一覧

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

検索

カテゴリ

全体
日々のお知らせ
日々のおしごと・・
日々のせっけん
日々の千代田町
日々のあそび
日々のレシピ
日々のアイテム
日々のおすすめ
日々のつぶやき
日々のバドミントン
日々の家
日々のせっけん教室
日々のかご
日々のつながり
日々の達観

手作りジャムに「お得感」を求めるならちゃんと選ぼ。

e0115516_21592075.jpg

よしわ有機農園さんの、フルーツときび砂糖で煮込んだジャム。

フルーツを煮込んでいくとどんどん水分が飛んで、
ペクチンなどを添加しなくてもどろっとしたジャムになるんです。
ペクチンって単語、よく見るけど何ですか?
と聞かれることがありますが、ペクチンとは、とろみをつける添加物。
そんなもの入れなくても、どんどん煮込んでいくと
自然なとろみはつきますが、全体量がぐっと少なくなっちゃう。

ペクチンの添加されていないジャムに使われているフルーツの量は、
手に取る人の想像以上だろうと思います。

ま、作ってみると、よくわかりますよ。

という理由もあって、私はペクチンの入っていないジャムが
手軽に栄養補給できて、お得で好きです。
そもそも、甘いものはそんな好きではないので、
どうせ食べるなら、カラダに良いものがいい。
それに、一般の家庭でもしも手作りジャムを作るなら、
ペクチンなんて添加物、入れないよね。
これぞまさに、子供の健康を願って作る保存食。
キングオブママの味〜。

手作りジャムに「母の愛」を求めてしまう私みたいな人は超愛情補給できます。
そして、この愛情補給法は、本当にオススメです、ビタミンもたっぷりだしね!

しかも、よしわ有機農園さんのジャムは、体を冷やさないお砂糖使用。
レモンで酸味をつけているけど、レモンも大崎上島の有機レモン。

さらに!! お値段¥580(140g・税込)!!!
e0115516_22151653.jpg

ありとあらゆる手間と苦労、もちろんコストを少々知ってい身としては、
いやはや、もう少し高くしたほうがよろしいのでは・・・
と、生意気ながら言及させていただきましたが、
4人のお子さんのお母さんでもあるよしわ有機農園さん、
「どの家庭でも食べて欲しい商品を、世間一般的な価格でお届けしたい」
と、譲らず。
「価格を高く設定することで、子育て世代が
ケミカルな食品に流れてしまう風潮があり、それが問題」ともおっしゃってました。

うーむ、さすが、母は思想つよし!

こんな会社が長く大きく育って欲しいと、真摯に願います。

あ、ペクチンの入ってるジャム、
消費者サイドの良さもあるのです。

味がクリアなこと。色がきれいなこと。

既製品風で馴染みがあってパッとしてるから、
プレゼントにも喜ばれるね。

…まあ、どっちにしても、甘いものが苦手なひとには
あまりメリットがないかな。

e0115516_2210920.jpg

このパッケージは実はボツったものですが、
微妙にもうちょっとイケてる現行商品は、お手にとってご覧くださいませ。

この度、パッケージとポップ、作らせてもらいました。

ここんとこ、とにかく時間が取れなくて、似非書家と化してあれもこれもやっつけてます。
意外とダメ出しが出ないので、なりふり構わずどんどんやってます。
相変わらず「ていねいな暮らし」からは随分遠いところで生息しておりますが、
心も体も普通に元気です。
e0115516_22201688.jpg

広島のパルコ本館6階で、10月末まで販売してます。
「真面目なジャム」、ぜひともお手にとってご覧くださいませ。



e0115516_235542.png


e0115516_2359181.jpg


e0115516_002696.jpg


広島ブログ




[PR]
by manboblog | 2016-10-19 22:38 | 日々のおすすめ