北広島町在住のクリエイターmanboがビール片手にだらだら書く自己中な日記です。


by manboblog

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

manboの情報コーナー

manboのウェブサイトその他もろもろ。

e0115516_20531953.jpg

e0115516_20521367.png

e0115516_20541312.jpg


e0115516_2054513.jpg

e0115516_20523162.jpg

e0115516_211742.jpg

メール・ご注文はこちらからです↑

【ブログショップ】
ブログ限定お買いものコーナー
メールでご注文ください。
(送料¥360/¥5000以上で送料無料)
石けんはどれでも1つ¥400 約60g。

画像一覧

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

検索

カテゴリ

全体
日々のお知らせ
日々のおしごと・・
日々のせっけん
日々の千代田町
日々のあそび
日々のレシピ
日々のアイテム
日々のおすすめ
日々のつぶやき
日々のバドミントン
日々の家
日々のせっけん教室
日々のかご
日々のつながり
日々の達観

2受験生…。

e0115516_11175466.jpg

この子はメダンの知人の子供、17歳。
パームの加工などの家内工業に従事している。

バイクでホテルまで送ってくれたのだが、たまたま手帳に
挟んで持っていたCDをあげたらとても喜んでいた。
「who?」と聞かれたので「very famous artists of Japan! 」と答えておいた。
トーフビーツのアルバムだったんですけどね。
世界にはいろんなお子様がおられるが、彼の国では17歳はすっかり大人。

さて、皆さんは、1家庭における、1受験生という単位をご存知でしょうか。
それは、個体差はあるものの、相当な重圧であることは間違いないです。

そしてうちは、満を持して2受験生。
内訳は中3&高3。ちなみに中3の名前は満

下の上あたりでのらりくらりとしてきた連中ですが。
こうゆう社会なので、家族でそれなりに向き合っているわけです。

ご当人方は、錯綜に次ぐ迷走の連続で、悲劇のヒロインさながら。
そりゃ初めての決断を迫られてるんだから仕方ない。
しかし、私からしたら、こんなに楽しい力試しはないじゃないか、としか
言いようがない。

インドネシアやマレーシアの他民族な地域に潜伏すると、
ありとあらゆるキッチン、もしくはそれ以外で料理をします。
ローカルなホテルでは厨房を借りて料理してるのだ。
そしてありとあらゆる家庭や企業、チームの人とご飯を食べます。
いろんな人に料理も教えるし、文化も学ぶ。

そんな中、最も関心があるのは、庶民の家庭のあり方。

日本も含め、民族にはありとあらゆる悪しき慣習があります。
私が日本に感謝してやまないのは、泥臭い庶民の暮らしに潜伏したりしたことも相当影響しています。

一部を言えば、漁船がさらわれないから、お父さんたちは安心して海で仕事ができる。

マレーシアやインドネシアは、船の誘拐ビジネスが多発してて、
船ごと近隣の国にさらわれて、一人を残して殺されたりしてます。
(一人だけ残すのは国に返して、お金を請求するために)

そんな話が普通ののどかな普通の会話に出てくる。

なら船に乗らなければいい、と思うけど、漁業は主力産業の一つだし、
国民の生活の根源に関わるものだから、そうもいかない。

普通に人が死ぬ、消える。
普通のお父さんやお母さんやそれ以外の、本当に普通の人が。
それにもかかわらずのどかな時間はそのまま流れる。
そのためにも、教育は必要ない。

犯罪が起きても、警察は賄賂でどうにでもなるから
警察に通報すると逆に悲惨な結果になったりする。

表面的には幸せな暮らしがちりばめられているように見えるし、
みんなきれいにしてるし、スマホ中毒だし、日本と違うのは人種くらいだねー、
なんて思うけど、政治が違うから、一枚めくると「オエーーーッツ」というほど違う。

キッチンには文化の全てが出る。
だから文化を知りたい人は、現地で料理をするのがオススメ。

ちなみにあどけないこの写真の男の子も、
ホテルに着いたら部屋に入れてくれとしつこく頼んできたので、
今からあなたの家族が迎えに来るからダメなの、と強めに言って断った。

17歳の少年ですら日本と同じではないのだ。

バリのぽっちゃりした女子はピルを常に飲んでいる。
そしてエイズが多いからすぐに死ぬけど、「呪い」ということで
片付けられているから、問題意識は低い…というかほぼない。

バリの、特にクタなどの観光地は物価が上昇しており
ローカルの生活は圧迫されいるし、お金で買えるものがいろいろあるから、
子供達もお金を欲しがる。
だから子供に見えても男女ともに体を磨いている子が多い。

で、何が言いたいかというと。

私は何の努力もなく「日本人」として生まれてきて、
日本政府と先人たちのおかげさまで目に見えない、
数えることのできない、それこそ「オエーーーッツ」というほどの
恩恵にあずかっており、国が防衛してくれるおかげで、海も安全で、
家族も親戚も、それ以外でもみんな穏やかな日常を暮らしており、
仕事をしたら報酬を貰え、ほとんどの建物の屋根には穴が空いていないので、
雨漏りにビビることもなくラクしているのです。
原発とか、国際的に「頭がおかしいんじゃないの、日本は」と言われるような
大きな問題もありますが・・・・今は庶民レベルの話にしときます。

もちろん、一部の例外はありますが、日本も狭いようで広いんです。
木を見て森を見失なって、自分の幸せから目を背けないでほしいです。

そう、日本に住んでいたら、義務教育っちゅうもんがあるので、
子供らは自動的に受験生になるわけです。

これを、子供達にストレスを与えてかわいそう、ととる人もいます。
高校の担任も真剣な顔でそう言ってました。
だから、受験はせずに・・・という方向で話してましたし。
優しい先生なんです、本当に!
…ていうか、寝っ転がって何にも考えなくても、これが、平和なんです。
平和と個人の幸せはイコールではないってのは、大原則として知っといて。

政治は、国の平和を求めるべき。
個人は幸せを求めるべき。

政治に個人の幸せを求めてたら、ロジック崩壊のパラレルワールド。

実際、すさんだ国でも、幸せな人がたくさんです。
幸せは、自分の心が決めるって有名な人が書いてますよね。

今ある有り難い状況を足蹴にするような言動を見ると、吐き気がします。
どれだけたくさんの若い命が、日本国民のために死んでいったと思ってんだ…
お前の命は降って湧いてきたものじゃないんだろう。

…こんな持論を持っている私のような親で、御愁傷様ですわね。
と、ときどき思いますが…
受験で失敗したら、それも素晴らしい経験値。

2受験生はナーバスだから相当ウザいですが、
子供が受験できるような平和な日本で幸せ、という考え方で乗り切りましょう。
そして今日はゼミの面談…

e0115516_235542.png


e0115516_2359181.jpg


e0115516_002696.jpg


広島ブログ
[PR]
by manboblog | 2016-07-31 12:24 | 日々の家