北広島町のmanboの自己中な日記です。


by manboblog

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

manboの情報コーナー

manboのウェブサイトその他もろもろ。

e0115516_20531953.jpg

e0115516_20521367.png

e0115516_20541312.jpg


e0115516_2054513.jpg

e0115516_20523162.jpg

e0115516_211742.jpg

メール・ご注文はこちらからです↑

【ブログショップ】
ブログ限定お買いものコーナー
メールでご注文ください。
(送料¥360/¥5000以上で送料無料)
石けんはどれでも1つ¥400 約60g。
e0115516_9423934.jpg

■ハーブ(シカカイ)の石鹸
乙女にピッタリのキュートな石けん。
ざらりとしたマットな質感がエキゾチックなシカカイ石鹸。ラベンダーとジャスミンのアロマです。
e0115516_125235.jpg

■ピンククレイの石鹸
乙女にピッタリのキュートな石けん。
フローラルアロマも人気です。(ただいまの在庫はモザイクなしのピンクの石鹸です)
e0115516_1240491.jpg

■ひまわりの石鹸
サンフラワーオイルとマリーゴールドの石けん。
e0115516_12514149.jpg

■はちみつの石けん
はちみつたっぷりの甘い香りのオリーブ石けん。
ハーバルなアロマの石鹸。*品切れ
e0115516_12515216.jpg

竹炭の石けん
竹炭のパワフル吸着力の黒くてシャッキリ感が人気の香りのオリーブ石けん。
e0115516_12412080.jpg

■バラの実石けん
バラの実(ロヒップーズ)がいっぱい入った女子に人気のオリーブソープ。アロマはフローラル系。
e0115516_1239461.jpg

■高麗人参石けん
人気の高麗人参茶入り、フレッシュな香りのオリーブ石けん。
e0115516_12402326.jpg

■ローズマリー石けん
ローズマリーの石けんは人気NO1!粉末のローズマリーの深い色と香りにうっとりです。
e0115516_12403412.jpg

■よもぎの石けん
よもぎもちにしかみえないキュートな石けん。フルーティなアロマにもウキウキします。
※品切れ

■マイルド塩析石けん
e0115516_11141392.jpg

手間と時間をかけて塩析した石けん。ラベンダーとティツリーでほんのり香りがついています。約110g

■はぶそう茶180g¥730
風土プロジェクト食品部門で最も人気のはぶそう茶。このお茶は農薬をまったく使わず真心こめて育てたはぶそうを丹念に焙じて一つ一つ丁寧に作っています。焙じ茶よりも香ばしく、野そう茶よりも甘く、ノンカフェインなので小さなお子様からお年寄りまでおいしくいただけます。
e0115516_13262442.jpg

■風土愛す(アイス)
千代田の道の駅、豊平どんぐり村でも販売中!
■ 本物の味こくまろ有精卵
  バニラプリン※品切れ
■ こっくりお抹茶風味
  はぶそう茶
■ 千代田のプラム
  農薬等をつかわない千代田の梅たっぷり
■ 柑橘の姫君
  ゆず※品切れ
■ とろけるミネラル卵
  生バニラ
■ 豊平・りんご
  豊平のりんごとシナモンの大人のジェラート


manboのHP

e0115516_10432160.jpg


【風土プロジェクト】
自分の食を見直していたら、いつのまにか環境を見直すようになりました。スローライフを愛する仲間たちが日々挑戦を繰り返し、大地を慈しんで作り出すひとつひとつ。自然の恵みを感じていただけたらうれしいです。  
田舎から食品・石けん・布などレアでコアなもの発信してます。

ぴゅあ菜米PRソング、作ってみました。
【ノーライスノーライフ】↓
(お米のない人生なんてナシです!)
http://youtu.be/vM5L0SXtCN4

石けんショップ「サボナーズ」
石鹸・石鹸素材・布ナプキン・ウエアなど、お手ごろ価格で販売しております。
(ときどきお休みしますので、遠方からお越しの際はブログでご確認ください)
北広島町有田370-7
TEL 050-5812-5672

画像一覧

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

検索

カテゴリ

全体
日々のお知らせ
日々のおしごと・・
日々のせっけん
日々の千代田町
日々のあそび
日々のレシピ
日々のアイテム
日々のおすすめ
日々のつぶやき
日々のバドミントン
日々の家
日々のせっけん教室
日々のかご
日々のつながり
日々の達観

好きと気づかずに生きる人の幸福度は、多分高い。

年が明けても地味に通常業務に追われております。
元日から請求書とか作ったり送ったりしていて、
SMSなどを見る限り、自分は相当逸脱した元日を過ごしているなあと感じました。

しかし!!

12月中旬から行方不明のルンバも真剣に探さねばならないし、
今となってはのんびりよりも充実を求めたい、そんな2018年初春なのです。

印刷屋さんの年明けの休みが長いことを理由に、
デザインの注文もさることながら、コーリングの原稿も当然進まず、
もはや、なりにもふりにも構っていられません。
e0115516_13180131.jpg
とはいえ元日の夕方からは、恒例のおせち配布挨拶をし、
今年もかわゆい豚さんにもご挨拶したりしました。
e0115516_13160237.jpg
佐藤農場の佐藤さん夫妻も相変わらずお元気そうで、一安心。
一時期は大病をされて、本当に心配しました。
e0115516_13175411.jpg
ミニブタはまだお腹の中だったので会えませんでした。(妊娠中↑)

子豚たちは相変わらずいたずらばかりしてて、
私が座っているとそばに寄ってきてくれるし。
…この太もも、可愛すぎだろ。
e0115516_13175570.jpg
佐藤さんから「あんたほんま好きじゃなあ。何回見ても一緒じゃろうー、はよ帰りんさい」
と、いつも言われますが、私は別に豚が好きなわけではない。

まあ、強いていうなら、光が助ける耳とか、毛とか、
普通にかわいいから見てるだけなんです、さにあらず。
e0115516_13175784.jpg
いや、だが、待てよ。

考えて見たら、かわいいから見てるのというのは、
もしかしたら好きということなのかもしれんな、と、
1時間半の帰り道すがら思う、41歳、妙齢女子。

好きというのは、つまるところ、その程度感覚のなのかもしれない。
表現するかしないかによって、他者が感じる熱量が変わるだけで。

んなもん白黒つける必要はないと思うが、まあ、眺めていて幸せとか、
ついついまた行ってしまう、とか、いつもバッグに入ってるとか、
気がついたら選んでる、とか、もしかするとそれが、好きという感覚なのかも。

必要、というのとは相当違うんだろうけど、
見方によっては必要と好きの違いも、非常に曖昧な気がする。

どっちが重要かといえば、多分「必要」なのだろう。
酸素とか、水とか、日光とか…。

しかし双方の位置関係が近ければ近いほど、
ストレスフリーなリア充といえるのではないか。

その逆は、ストレス過多な超絶リア充と呼べるかもしれない。
e0115516_13164340.jpg
などとブツブツ考えていると、ある対象に対して「好き」と外部へ表現することは、
ローリスクハイリターンで合理的な生き方のように感じてくる。

反して「好き」を意識、また表現せず人生を終えることは、
ハイリスクローリターンで非効率的な生き方のように感じ、
ある側面から見ると、非常に幸福度の高い人生のようにも感じる。
e0115516_13175977.jpg
そのまま帰っても一人だし、「あ、そういえば」。
と思って君田温泉に寄ってみました。

家族連れのお客さんがいっぱい!!

一昨年、この地域の商品開発をしていたころ、
母をここに下ろして、私は打ち合わせに行き、
迎えにきてドライブして帰ったな〜。

何かと付き合いの悪い私に、母はいつも膨れてましたが、
あの日もそんな感じだったな〜。
ここだけの話、打ち合わせも微妙だったな〜。

しかし。

こんなに早く、会えなくなるのなら。
もっと。。。

どこにいても、そう思わない時はないけど、
そう思うといつも母の声が聞こえる。

「足りないくらいがちょうどいいのよ!」
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/10rNcCKcxXs" frameborder="0" gesture="media" allow="encrypted-media" allowfullscreen></iframe>
そう。
いつも私の思いが正解ではないし、
思い通りにならないことの方が、なんとなく正解のことが多い。

自分の考え方がみんなの考え方ではないし(SNSを見てもわかるように)
母が死んでしみじみわかることのひとつに、
私は固定観念で物事を判断してきた非常にステレオタイプな人間だったかも。
というのがある。

ここ七年くらいになるのかな、おせち配布をしてきたのも、
いつもお世話になっている忙しい農家さんたちに、
少しでもお正月気分を味って欲しかったから。

でも、うちの母が死んで、彼らを含め数々の人から
この人にとっては膨大な経費になるであろうという
たくさんのお見舞いをいただいた。

内職さん、パートさん、その他たくさんのみなさん。

そう、葬儀のときも席が足りない状況になった。

先日、ほとんど母にあったこともない貧しい農家さんから、
家族の目を避けこっそり多額の香典を渡された時は、
ただただ、目を閉じるだけだった。

関わってきたたくさんの人たちに、
母が「春恵のことをよろしくお願いします」と言っていた事実が
日増しに浮き彫りになり、私は自分が子供だったと、真摯に知る。

先月もご近所の方が、雪対策でガレージに柱を建ててくださった。
母との約束だったからと言っていた。

私は激しく足りない人間だ。

が。

まあ、足りないくらいがちょうどいいのだ、
ネジなんて5・6本ないくらいがちょうどいい。by小林大吾「鉄工所の夜」

絵に描いたような満月を見つつ。
母上様〜、お元気ですか〜。
と呟く次第でした。@君田温泉露天風呂
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/HKOpvoaN0ps" frameborder="0" gesture="media" allow="encrypted-media" allowfullscreen></iframe>




e0115516_235542.png
e0115516_2359181.jpg
e0115516_002696.jpg
広島ブログ
[PR]
by manboblog | 2018-01-02 15:12 | 日々のつぶやき