北広島町のmanboの自己中な日記です。


by manboblog

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

manboの情報コーナー

manboのウェブサイトその他もろもろ。

e0115516_20531953.jpg

e0115516_20521367.png

e0115516_20541312.jpg


e0115516_2054513.jpg

e0115516_20523162.jpg

e0115516_211742.jpg

メール・ご注文はこちらからです↑

【ブログショップ】
ブログ限定お買いものコーナー
メールでご注文ください。
(送料¥360/¥5000以上で送料無料)
石けんはどれでも1つ¥400 約60g。
e0115516_9423934.jpg

■ハーブ(シカカイ)の石鹸
乙女にピッタリのキュートな石けん。
ざらりとしたマットな質感がエキゾチックなシカカイ石鹸。ラベンダーとジャスミンのアロマです。
e0115516_125235.jpg

■ピンククレイの石鹸
乙女にピッタリのキュートな石けん。
フローラルアロマも人気です。(ただいまの在庫はモザイクなしのピンクの石鹸です)
e0115516_1240491.jpg

■ひまわりの石鹸
サンフラワーオイルとマリーゴールドの石けん。
e0115516_12514149.jpg

■はちみつの石けん
はちみつたっぷりの甘い香りのオリーブ石けん。
ハーバルなアロマの石鹸。*品切れ
e0115516_12515216.jpg

竹炭の石けん
竹炭のパワフル吸着力の黒くてシャッキリ感が人気の香りのオリーブ石けん。
e0115516_12412080.jpg

■バラの実石けん
バラの実(ロヒップーズ)がいっぱい入った女子に人気のオリーブソープ。アロマはフローラル系。
e0115516_1239461.jpg

■高麗人参石けん
人気の高麗人参茶入り、フレッシュな香りのオリーブ石けん。
e0115516_12402326.jpg

■ローズマリー石けん
ローズマリーの石けんは人気NO1!粉末のローズマリーの深い色と香りにうっとりです。
e0115516_12403412.jpg

■よもぎの石けん
よもぎもちにしかみえないキュートな石けん。フルーティなアロマにもウキウキします。
※品切れ

■マイルド塩析石けん
e0115516_11141392.jpg

手間と時間をかけて塩析した石けん。ラベンダーとティツリーでほんのり香りがついています。約110g

■はぶそう茶180g¥730
風土プロジェクト食品部門で最も人気のはぶそう茶。このお茶は農薬をまったく使わず真心こめて育てたはぶそうを丹念に焙じて一つ一つ丁寧に作っています。焙じ茶よりも香ばしく、野そう茶よりも甘く、ノンカフェインなので小さなお子様からお年寄りまでおいしくいただけます。
e0115516_13262442.jpg

■風土愛す(アイス)
千代田の道の駅、豊平どんぐり村でも販売中!
■ 本物の味こくまろ有精卵
  バニラプリン※品切れ
■ こっくりお抹茶風味
  はぶそう茶
■ 千代田のプラム
  農薬等をつかわない千代田の梅たっぷり
■ 柑橘の姫君
  ゆず※品切れ
■ とろけるミネラル卵
  生バニラ
■ 豊平・りんご
  豊平のりんごとシナモンの大人のジェラート


manboのHP

e0115516_10432160.jpg


【風土プロジェクト】
自分の食を見直していたら、いつのまにか環境を見直すようになりました。スローライフを愛する仲間たちが日々挑戦を繰り返し、大地を慈しんで作り出すひとつひとつ。自然の恵みを感じていただけたらうれしいです。  
田舎から食品・石けん・布などレアでコアなもの発信してます。

ぴゅあ菜米PRソング、作ってみました。
【ノーライスノーライフ】↓
(お米のない人生なんてナシです!)
http://youtu.be/vM5L0SXtCN4

石けんショップ「サボナーズ」
石鹸・石鹸素材・布ナプキン・ウエアなど、お手ごろ価格で販売しております。
(ときどきお休みしますので、遠方からお越しの際はブログでご確認ください)
北広島町有田370-7
TEL 050-5812-5672

画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
日々のお知らせ
日々のおしごと・・
日々のせっけん
日々の千代田町
日々のあそび
日々のレシピ
日々のアイテム
日々のおすすめ
日々のつぶやき
日々のバドミントン
日々の家
日々のせっけん教室
日々のかご
日々のつながり
日々の達観

マレーシア鉄道ETS、ネット予約は必須です。

e0115516_15573540.jpg

先ほど、クアラルンプールからの新幹線みたいな列車、
マレーシア鉄道ETSの予約ができた…

前回はKLセントラル駅でチケットを買おうとしたら、
深夜までフルで予約が取れず、あらゆる方法でごねたけどダメで、
やむなく強硬手段を取ったわけですが。
あんな苦労は一度で十分です…フルです。

マレーシアのETSはめっちゃ厳しいです。
甘く見ると大変な目にあいますのでお気をつけくださいませ。

どのくらい大変かというと、以下くらい大変です。
(当時の日記より引用:長文につき閲覧注意)
e0115516_15575972.jpg

バリ(インドネシア)からクアラルンプール、からの、
イポー(マレーシア)へ行かれるたぐいまれなる皆さんへ。

朝、3時に起きて、タクシーでバリのデンパサール空港へ。

4時半に到着、寝ぼけつつも飛行機に乗り込み、
2時間半くらいかな? 9時前にクアラルンプールに到着。

空港内はネットがつながるので連絡事項は、
このタイミングで済ませておくのがベストです。

そこからシャトルバスで大都会KLセントラルへ。

バスは良いバスなのですが、途中、かなり道が悪かったりするので、
電車を使ったほうがいいです。そして、バスだと1時間半くらいかかっちゃいます。
電車だと45分くらい。

KLセントラルに着くと、今度はイポーまでの特急、ESTのチケットを買います。

ネットで予約ができるとのことだったのですが、
日本でトライするもなぜかページが表示されず、
諦めてチケットは現地で買うことにしていました。
ネットで見ると「チケットは現地で買えます」とあったので油断してました。

しかし。

チケット売り場で1時間近く待ち、買ったチケットはPM11:40発。

いやいや、それは困ります、と言っても、
「他はもう満席です、明日の朝にしますか?」

ホテルはイポーに予約しているし、イポーで待ち合わせしてるし、
明日の昼にはここに戻らないと空港に間に合わないのに、
うーーーん、どうすればいいんだー!!

仕方ない。他の方法をネットで検索だ、と思ったら、
KLセントラルはことごとくネット繋がらない。

ESTの改札口のおじさんと目があったので、事情を説明すると、

「そんな遅くイポーに着いたら危ないよ、
僕の友達に電話で言っておいてあげるから、次の電車に乗っていいよ」と
こそっ言われ。

乗っていいよってフルなのに?
適当に見つからないようにしておけばいいということなんだろうか。

…と解釈することにし、また1時間待って、ESTに入れてもらいました。
(インド人たちはお金を渡して「乗らせろ」と怒っていましたが、
女性のスタッフもみんな厳しい顔で「ノー」とあしらってました…まあまあハードな光景でした)

しかし3つ目の駅で女性の乗務員さんがチェックに回ってきて、
絶対ダメ!とめっちゃ怒られてサクッと降ろされてしまいました。

ううううーーーん、、、困った。。。
そしてここはどこなんだ…。

田舎の駅で「イポー駅で友人が待ってるんで、行かないといけないんです」と言っても
「夜中の便まで無理です、ちなみに各駅でイポーまで行く便も今日はもう終わりました」

依然としてネットはつながらないので、駅員さんに頼んで、
待ち合わせをしている方に電話で相談すると、なんと、
「行ける駅まで鈍行で行って。車で迎えに行ってあげるから、2時間くらいはかかっちゃうけど」。
注:初対面

行ける駅というのはそこから3つくらい先のところでして、
15分くらいで着き、外気は30度超、超絶な湿度の中、
田舎町の駅で待つことになりました。

すれ違う人はインドネシアとは違い、日本人程度の素っ気なさなので、
ベンチでぼーっとすることができるわけだが、いや、
ここにきたのも意味があるはずだ、来ようと思ってこれる場所じゃないぞ、
と、駅から出てみると、いわゆるアーケード(?)的な街並み。

どの看板も英語、中国語、マレー語。
これが、マレーシア。。
e0115516_15583447.jpg


ガタゴトとトランクを転がしつつ、
と言っても、常に階段のような段差が数段あるので転がってはなかったですが。
歩いていると、嫌な予感。ポツポツ。。。

グシャーーーー!!!
ここでもか、ゲリラ豪雨。

これはまずい、と入ったのは、入り口は狭く奥に長く暗い生活雑貨店。
本当はお買い物なんて心の余裕はなかったんだけど、
お?スパイス、おや?ハーブ、と、薄暗い店内をウキウキカサコソ、あれもこれもお買い物。
気がつけばそろそろ1時間半くらい過ぎてないか?
雨も小雨になっていたので駅に戻りました。

申し訳ないことに、駅では私を探しておりました・・・スンマセン。。。

ということで、そこからは車で、無事イポーまで行くことができましたが、
イポーへ行かれる際は、くれぐれもESTのご予約をお忘れなく。。。

そして、公衆電話はほぼ壊れているので、
困った時は周りの人に電話を借りましょう。

インドネシアだとサクッと借りれます。
しかしマレーシアはなかなか難しい…けど、ま、なんとかなります。

やはり空港で携帯をレンタルするか、ガラケーをシムフリーにしといて、
こっちで売ってるSIMカードを買ってでも(¥500くらい)、携帯を持つべきですね。

そうそう、チップの相場はいちお、あるものの、格差の激しいアジア、
お金持ちはめちゃくちゃお金持ちです。
下手なチップは冷たく断られるので、今回、チップ代わりに、
和柄の筆ペンを大量に持参しておりました。

3枚のお札式に、ことあるごとに
「サンクス、ディスペンイズジャパニーズスタイル」と、
ペコペコと筆ペンを差し出しておりましたが、
老若男女問わず「For me!?」と、めちゃめちゃ喜ばれました。

これはかなりオススメです。

以上です。
e0115516_1559287.jpg

実はこの翌日、さらに大変な事態となり、
あげく帰国の飛行機にも乗り遅れるわけですが、
まあ、ちょっとくらい大変な目にあっといたほうがいいということで…
おかげでそこからさらに濃厚な旅になったわけですしね…。

てことで、もしもETSの利用予定がありましたら、ぜひご予約を!
http://www.ktmb.com.my/ktmb/index.php?r=portal/index

追記の追記。

この記事を読んでいる方が多いようなので、追記します。

さて。
前回の記事では「予約等に厳しい厳格な列車」というイメージを与えましたが、
この後、別の旅でETSに乗る機会がありました。

数ヶ月後だったのですが。

その時は、深夜、クールに着き、朝一の電車でKLセトラルへ行きました。
そして、朝一のイポー行きのETSを待ちました。

すると・・・

どんだけ電光掲示板を見ても、私の予約していた便がありません。
もちろん私以外の人もその便を予約していたのですが、
ありません。

そして、時間になっても、来ませんでした・・・
駅員さんに何度聞いても、確認しても「まだ来ない」の一点張り。
結局、2時間後くらいに来ましたが、「イポー行き・最終駅イポー」と、
死ぬほど書いてあっても、イポーは過ぎて行きました。
なので私は乗り過ごしてしまい、また大変な事態になりました。

それでも、その先で飛行機の予定があったわけではないので、
まだ、よしとしてもねえ・・・
やはり、侮れません、ETS。

ETSを利用して、スケジュールを組むときは、要注意ですよー。


e0115516_235542.png


e0115516_2359181.jpg


e0115516_002696.jpg


広島ブログ
[PR]
by manboblog | 2016-05-04 10:08 | 日々のつぶやき